BSE(Bridge System Engineer)を活用したグローバル展開支援!

海外の優れた製品・ソリューションを日本に、または日本の製品・ソリューションを海外へ、グローバルに展開するお客様のICTバートナーとして、サウマネジメントはシステムのグローバル化(グローバライゼーション:Globalization、G11N)対応をサポートします。

国際化

グローバル化とは、多言語に対応させるだけでなく、各地域の人々の文化・慣習などを含めて、ソフトウェア・ソリューションが問題なく利用できることを意味します。
そのため、まず、ソフトウェア・ソリューション自体が様々な言語や地域に応じた振る舞いができるように設計や仕様などを組み込む国際化(Internationalization、I18N)を行なう必要があり、その国際化をサポートします。

地域化

国際化の次に、個々の言語に対して、その言語で利用するための地域化(ローカライゼーション:Localization、L10N)を行なう必要があります。地域化における地域言語化パッチ、バージョン管理などのテクニカル部門のみならず、ソリューション利用者のユーザビリティ向上をサポートします。

統合化

ソリューション展開時に頻繁に直面する、機能拡張、機能追加などのアドオン開発ならびにカスタマイズ開発をサポートします。また、ソリューション導入時に発生し得るデータ移行ならびに既存の他システムとの統合化(インテグレーション: Integration)をサポートします。

 
BSE(Bridge System Engineer)を活用したグローバル展開支援!